二俣川看護福祉高等学校
   〒241-0815 横浜市旭区中尾一丁目5番1号
    電話 045-391-6165(代表)

カリキュラム・教育課程

 本校では、平成21年度入学生から、 看護・福祉双方の素養を兼ね備えた、専門職にふさわしい人材を 育成し、それぞれの進路に必要な学習ができるようにカリキュラムを 変更いたしました。普通科目の他、必修、選択あわせて看護・福祉両方の 専門科目(25単位)を学習します。 病院や施設での実習も充実しています。


特色

看護・医療・社会福祉系の大学・短期大学・専門学校への進学を 目指した教育課程を編成し、自己の進路希望に応じた選択履修が可能である。

専門科目の基礎基本と幅広い医療教養を学び、校内・校外の実習を通し 将来の医療専門職に必要とされる態度を培う。

学校外における学修の成果として、大学等での学修成果・各種技能審査の成果を本校卒業単位として認定する。


カリキュラム表

看護科
  普通科目 専門科目
必履修科目 必履修科目 必修選択科目
1年次
  • 国語総合
  • 世界史B
  • 数学T
  • 数学A
  • 科学と人間生活
  • 体育
  • 保健
  • 音楽T
  • コミュニケーション英語T
  • 基礎看護
  • 看護臨地実習(校外実習)
  • 看護情報活用
  •        
  •        
  • 2年次
  • 国語表現
  • 現代文B
  • 日本史B
  • 数学U
  • 化学基礎
  • 生物基礎
  • 体育
  • コミュニケーション英語U
  • 家庭総合
  • 基礎看護
  • 人体と看護
  • 看護臨地実習(校外実習)
  • ※下記より1科目選択※
  • 看護総合
  • 医療と職業
  • こども支援
  • くらしと住環境
  •     
  • ※夏季集中講座※
  • (自由選択)
  • くらしと看護
  • 3年次 必履修科目 自由選択科目 必履修科目 必修選択科目
  • 現代文B
  • 現代社会
  • 数学U
  • 数学B
  • 生物
  • 体育
  • コミュニケーション英語V
  • 家庭総合
  • ※下記より1科目選択※
  • 古典A,   実践国語
  • 数学探究,  物理基礎
  • 音楽U,   実践英語A
  • 実践英語B
  • 看護と倫理
  • ※下記より1科目選択※
  • 医療情報
  • 発達段階と健康
  • ボランティア学習
  • 少子高齢社会と福祉
  • くらしと社会福祉制度


  • 福祉科
      普通科目 専門科目
    必履修科目 必履修科目 必修選択科目
    1年次
  • 国語総合
  • 世界史B
  • 数学T
  • 科学と人間生活
  • 体育
  • 保健
  • 音楽T
  • コミュニケーション英語T
  • 社会福祉基礎
  • 介護福祉基礎
  • 生活支援技術
  • こころとからだの理解
  • 2年次
  • 国語表現
  • 現代文B
  • 日本史B
  • 数学A
  • 化学基礎
  • 体育
  • コミュニケーション英語U
  • 家庭総合
  • 生活支援技術
  • 介護総合演習
  • 介護実習(校外実習)
  • こころとからだの理解
  • 福祉情報活用
  • ※下記より1科目選択※
  • 看護総合
  • 医療と職業
  • くらしと住環境
  • こども支援
  • ※夏季集中講座
      (希望者のみ)
  • くらしと看護 
  • 3年次 必履修科目 自由選択科目 必履修科目 必修選択科目
  • 現代文B
  • 古典A
  • 現代社会
  • 数学U
  • 生物基礎
  • 体育
  • コミュニケーション英語V
  • 家庭総合
  • ※下記より1科目選択可
  • 実践国語
  • 数学B・数学探究
  • 物理基礎
  • 音楽U
  • 実践英語A・B
  • コミュニケーション技術
  • 介護総合演習
  • ※下記より1科目選択※
  • 医療情報
  • 発達段階と健康
  • ボランティア学習
  • 少子高齢社会と福祉
  • くらしと社会福祉制度

  • 学力の向上への多様な取り組み

    *基礎学力の定着と発展的な学力の伸長に努めています。


    2学期制の採用


    ・1年間を前期(4月〜9月)と(10月〜3月)に分け、計画的に学習に取り組めるように授業時間数を確保しています。 また、多彩な学校行事にも取り組むことができます。

        

    少人数授業


    ・1年生の国語、数学、英語と2年生の国語表現の授業は、
     1クラスの人数を半分(20名以下)に分けて授業をしています。生徒1人に対するきめ細やかな指導のもと、基礎学力の定着を図っています。

                     
    1年英語

    1年英語

    ・看護・福祉の専門科目も必要に応じてクラスを分割して授業を行っています。

    タブレットPCを使用した授業の展開


    ・今年度より80台のタブレットPCが入り、普通教室にWi-FiなどのICT学習環境が整備されました。

    本校では、専門教科では、いち早く授業に取り入れ、他の様々な教科の授業においても機会を見て活用していきます。

                 
            
    タブレットPCを使用した授業の展開 タブレットPCを使用した授業の展開タブレットPCを使用した授業の展開

    タブレットPCの使用方法を
    教えます。

    コミュニケーションの様子を
    撮影・録画します

    録画を再生 コミュニケーション
    を振り返り確認します


    看護科の「2年コミュニケーション」の実習授業では、グループでコミュニケーションの様子をタブレットPCで撮影し、その映像をグループ内で見てコミュニケーションの仕方について話し合い、結果をワークシートに記入して全員で共有しています。


    補習授業、講習の充実


    ・放課後の通常補習や長期休業期間の講習など、手厚い学習指導を行っています。不得意な科目や得意な科目を自分の目的に合わせて選択して学習することができます。

                 
    通常補習3年生物実験 夏休み3年生コミュニケーション英語 夏休み3年生物

    通常補習
    3年生物実験

    夏休み
    3年コミュニケーション英語

    夏休み3年生物


    学習システムによる週末課題(宿題)


    ・ネットによる学習システム「Classi(クラッシー)」を導入し、週末課題を実施しています。

          

    学習時間の伸長を図り、学習習慣の定着と自学自習の確立に取り組んでいます。

                     
    クラッシー

    定期的な模擬試験の実施


    ・1年生・2年生は、年に2回、国語、数学、英語の基礎力診断テストを実施し、3年生は年に1回、実力診断テストを実施し、生徒の成績向上に役立てています。

        

    職員室前に学習コーナーの設置


    ・生徒がいつでも先生に質問できるように、机、ライト、暖房器具等を設けました。

    ・水曜日の放課後は、先生方が会議を行わない日と決め、補習や生徒の質問に答える時間を確保しました。

                 
    学習コーナー 学習コーナーにて質問

    毎日、生徒が利用し、特に定期テストの1週間前から定期テストの日の午後、3年生の受験時には席がうまって、先生への質問の光景を見ることができます。


    講座、検定等への参加の推進と単位認定


    ・夏季集中講座「くらしと看護」の受講者は、卒業単位の一部として単位が認定されます。
    夏季集中講座「くらしと看護」の様子はこちら

    ・日本漢字能力検定(準2級〜準1級),実用数学技能検定(3級〜2級)、実用英語技能検定(3級〜2級)、福祉住環境コーディネーター(3級〜2級)の合格者は、卒業単位の一部として単位が認定されます。

    ・校外のボランティア活動や本校と連携している上級学校での学習成果は卒業単位の一部として単位が認定されることもあります。

    授業改善の取り組み


    ・生徒が学んだ知識をより深く理解するために、授業改善に様々な取り組みを実施しています。

        
        

    授業改善のための授業見学

    ・教員相互の授業見学期間を6・7月と10月〜12月の年2回設けて、授業改善の活性化を図り、またその期間以外でも自由に授業を見学できるようにしています。教員自身の教科のみならず、他教科の指導方法や創意工夫等を知り、自身の指導を振り返り、授業改善につなげます。
    授業見学後、報告書を授業担当者へ提出し、その報告書に基づいて授業改善につなげていきます。


    生徒による授業評価

    ・6・7月と10月〜12月の年2回実施しています。集計結果を分析し、「課題と改善点」を報告し、これに基づいて授業改善につなげます。

    生徒による授業評価の内容は生徒による授業評価(PDF)をご覧下さい。


    授業改善のための研究授業

    ・6・7月に実施した生徒による授業評価の「課題と改善点」に基づいて、指導方法や創意工夫等を盛り込んだ授業を行い、全教員がそれを見学します。

    ・授業後、研究協議会において、教員間の意見交換を行い、自身の指導を振り返るとともに、指導方法や教材の創意工夫等の情報を共有し授業改善につなげていきます。


            
    〇=研究授業=〇

    ー数学ー

    数学 数学数学

            
    〇=研究協議会=〇

    数学 看護国語

    数学

    看護

    国語


        

    二俣川看護福祉高等学校     045-391-6165(代表)