【気象災害時の対応】

県立二俣川看護福祉高等学校です。

気象災害時の対応については次のようになっています。


横浜地区に以下の気象災害情報が発令された場合、本校は次のような対応になっています。

情報 授業 登校前発令 登校後発令
警報 大雨
洪水
平常授業 @今後の気象情報や地域の実情等を家族と相談し、安全に登校できることを確認した上で登校する。 @気象情報や各地の実情に応じ、下校させることもある。
警報 暴風
大雪
暴風雪
右の規準に
従う
@午前6時の時点で発令されている場合は自宅で待機する。
A午前8時までに警報が解除された場合、第3校時より平常授業とする。
B午前11時までに警報が解除された場合は、第5校時より平常授業とする。
C午前11時を過ぎても警報が解除されていない場合は、休校とする。
@安全を確認した上で、下校させる。
<確認事項>
・公共交通機関の運行状況
・自転車通学者の安全指導
・保護者の引き取りの有無
・下校途中で帰宅不能になった場合の対処方法
A安全に下校することが困難な生徒については、保護者と連絡を取り、適切な対処をする。
(注)安全に登校することが心配される場合は学校に連絡して自宅で待機し、状況を見て登校してください。