二俣川看護福祉高等学校
   〒241-0815 横浜市旭区中尾一丁目5番1号
    電話 045-391-6165(代表)

防犯教室

平成30年4月9日(月)6校時、よこはま看護専門学校講堂にて1年生対象に行われました。神奈川県警察本部少年相談保護センターの落合先生を講師としてお迎えし、講演をしていただきました。 映像を見せながら、高校生の身近な犯罪の具体例をあげて、刑法に触れる罪の話や犯罪に合わないような予防方法等もをわかりやすく説明していただきました。

        

最後に「自分で判断する力を持つ」「友達に誘われても悪い事をしない、流されない強い意志を持つ」「一人で悩まないで相談すること」等、生徒へアドバイスをいただきました。


        


薬物防止講演

  平成29年5月17日(火)の5・6校時、全学年を対象に、よこはま看護専門学校講堂にて講演会が行われました。
  講師には、神奈川県警察から志水氏を。薬物の危険性についてを中心に、症例をまじえてのお話をしてくださいました。         
  近年若者が薬物を手に入れるきっかけは友人・知人からが多く、薬物の危険性や有害の認識の欠如や、抵抗感の希薄化が指摘されています。今回の公演で改めて薬物依存の恐ろしさ、被害回避の強い心持を意識することが出来ました。



手話部が手話通訳で講師のご紹介

国際麻薬Gメンのご経験もある志水さん

   

たとえ1度の使用でも乱用です

違法な者を見かけたら警察に通報を!



サイバー犯罪防止講演

  同じく5月17日(火)、「防犯教室」にも来ていただいた神奈川県警察の和田氏をお呼びし講演を行いました。
  今回はネットワークを利用した犯罪をメインに、再現ドラマも取り入れながら被害の実例・対策を教えてくださいました。         
  一番の対策は、「個人情報を載せない」ことで、他にも「家庭内でのルール作りや親子の関係作りも大切」と、日頃から理解して利用する重要性も教えてくださいました。



ネット上では面識のない人にも情報がつながります

軽い気持ちから、大きな犯罪に巻き込まれるケースも

   

和田さんの問いかけに生徒も誠実に答えます

困った時は、大人や警察に相談しましょう



いのちの教室

平成29年10月24日(火)の6校時、1学年を対象に、よこはま看護専門学校講堂にて講演会が行われました。
NPO神奈川県被害者支援センターから熊澤明子先生、伊藤優子先生を講師としてお迎えし、講演していただきました。

        

初めに熊澤先生は、1人の生徒をステージにあげて、生徒に1枚の紙をくしゃくしゃにさせたり、その紙を広げたりする指示で、紙で人の心を表現させて、お話していました。次に、過去に実際にあった事件で命を奪われてしまった被害者の心情がせきららに描かれたDVDの鑑賞をしました。
 最後に、伊藤先生から、「人と自分を大切にしてほしい、そのためには、人とのコミュニケーションする能力、想像する力を持ってください。」と生徒への注意喚起をしていただきました。



熊澤先生による講演

伊藤先生の講演

   

DVD「1ニュートンの勇気」

DVDの鑑賞



SNS講話

平成29年12月12日(火)の6校時、1学年を対象に、よこはま看護専門学校講堂にて大手通信会社より、講師をお招きして講演会が行われました。         


インターネットの特徴、SNS・ネットでの影響を、楽しく学べたと思います。

スマートホン画像


本校では、生徒へ「ソーシャルメディアスクールポリシー」を配布し、日頃より、注意喚起をしています。



人権学習「めぐみ」

平成30年3月20日(火)の4校時、1学年を対象に、よこはま看護専門学校講堂にて人権学習が行われました。

        

「めぐみ」鑑賞後、本校の先生より、「人権とは?」と生徒への投げかけがあり、「『〜していい』−誰にも邪魔されず生まれてから死ぬまで幸せに暮らしていいこと、自由にできること、拉致は、当たり前の幸せを奪ってしまったこと、自由を守られていないことである。
毎日の学校生活の中で、SNSやいじめ等、相手の人権を傷つけていることを認識し、人権が守られているかどうか、あらためて考えてほしい。」と生徒へ注意喚起しました。

       
開演 開演

二俣川看護福祉高等学校     045-391-6165(代表)